葬式

故人の遺志も尊重した式を

習慣や形式についても注意

葬式

故人と決別するための儀式であり、多くの親族や友人、関係者などが集まる葬儀は守った方が良い様々なマナーや注意があります。 例えば通夜の時は自分が参列者の場合はかつては礼装を付けずに、平服で駆けつけたほうが良いとされていました。しかし近年は葬儀と告別式の代わりとして通夜に出席する人も多いため、略礼装をした方が良いとされています。しかしこの慣習は地域や故人、喪家側の考えによっても異なるので注意が必要です。また喪家側は通夜であっても略礼装が一般的なため気をつけたい点です。 葬儀の形式についても注意が必要で、基本的に壇家となっている宗教の形式に合った葬儀となります。ただし喪主や故人の意向で自由葬を選ぶ人も最近は多いので、周りの親族などとも話し合って故人の遺志を尊重しつつ葬儀形式を決める事が求められます。

自由葬など形式も多様化

最近の葬儀の形式は多様化が著しく進んでいます。かつてのように一般葬といった形式だけでなく無宗教葬、いわゆる自由葬を選ぶ人も多くなっています。また家族葬のように、故人の家族や親しい人のみで葬儀を行うケースも増えており、今後はさらに葬儀の形式が多様化する事も考えられます。 スタッフと相談して、独自の進行を葬儀に取り入れる遺族も多く、故人が好きだった音楽を流したり、ビデオ上映によるお別れ会、参加する人をもてなすことを主体において食事会をメインに組み込むといった様々なスタイルが増えているのが特徴です。 また直葬と呼ばれる、火葬のみを行って通夜や告別式、お別れ会などは基本的に行なわない人も近年は多くなっており、葬儀の形式の多様化は増々今後盛んになると予測されます。